アースリサイクル株式会社 油化装置(連続式)


earth.gif

日本語 | English
廃棄物リサイクル&BPTL燃料開発とコンサルティング
アースリサイクル株式会社
兵庫 0792-76-6275

連続式油化装置

1.はじめに

当社は12年間廃プラスチック油化装置の開発実証化に努めてまいりました。
過去のノウハウをもとに分別された家庭プラスチックを想定した連続式油化装置を開発しましたので紹介させていただきます。

3_ren_clip_image002.jpg3.6ton/連続油化装置

2.装置の特徴

a.PVC(5wt%)、異物混入しても処理可能。
*本油化装置の前処理に解重合装置を組み合わせればPVC,PET混入は
 無制限である。油化装置は更に簡略化される。
b.投入は圧縮梱包のまま間歇的に自動的に行なう。前処理設備は大幅に簡略化。
c.溶融槽、熱分解槽の運転温度は390℃、460℃と高い為に処理速度は従来の
 約2倍である。
d.溶融槽は圧縮梱包品をそのまま投入する為に攪拌機を設けず、その代わり熱分解油
 の一部を約390℃に加熱して直接槽内に吹き込んでいる。 熱分解槽はコーキング
 を抑制する為に攪拌機を設け且つ少量の高温ガスを直接槽内に吹き込んでいる。
e.脱塩化水素は粉末状のアルカリ剤を250~400℃の2箇所に注入する為に装置の
 腐食、閉塞等改善され熱分解油品質も改善されている。
f.中和反応物は全て残渣に含まれる為に塩酸としての回収はない。
g.熱分解油の品質を更に改善する為に130℃~350℃留分について溶剤抽出装置を
 設けている。この油は有害物質少なく長期保存が可能で外販可能。
h.本装置はスケ-ルアップ(大型化)可能。

3.熱分解油の性状(原料、北海道、家庭分別プラスチック)(解重合装置なし)

密度 粘度 残留炭素 全塩素分 硫黄分 窒素分 反応 発熱量
15℃ 30℃cst wt% ppm ppm ppm cal/g
0.86 5.0 0.05 13 100 130 中性 10,300

※2年間放置しても油は変質しない。

4.装置の仕様(1例)

a.処理量:2ton/日、連続式
b.原料:分別された家庭廃プラスチック
c.生成油の用途:高品質化処理、外販可能、ボイラ-、ディ-ゼル発電用燃料油
d.装置寸法:(W)7m×(L)7m×(H)7m、製品タンク除く
e.用役の種類:電気、窒素、冷却水、燃料(熱分解油使用)、圧縮空気 薬品(溶剤、
 アルカリ剤)
f.運転員:2名/直